「森のようちえん~メロディ~」開催のお知らせ

home_image_02.jpg

【日時】

  1. 2018年5月5日(土)10:00~15:00 ※お申込期限 4/30
  2. 2018年5月19日(土)10:00~15:00 ※お申込期限 5/16
    ※両日とも小雨決行

【対象】

  • 幼児クラス:年中~年長
  • 小学生クラス:1年生~3年生
    ※保護者の方は、付き添えません。

【定員】20名(先着順) ※最少催行人員2名

【場所】小山内裏公園 町田市小山ヶ丘4-4 ※京王相模原線「多摩境駅」下車徒歩10分

【参加費】5,000円(保険料含む)

【集合・解散場所】現地「小山内裏公園パークセンター前」または京王相模原線「多摩境駅」改札

【もちもの】お弁当・おやつ・飲み物・雨具(カッパ・ポンチョ)・着替え


森のようちえんについて

 森のようちえんは、1950年代半ば、デンマークのひとりのお母さんが自分の子どもとお隣の子どもを連れて、森の中で保育をしたことが始まりと言われています。

 森のようちえんは、自然の中でゆっくりと時間を過ごしながら、子どもたちが本来持っている感覚や感性、可能性を引き出していく野外活動です。 森のようちえんには、活動プログラムや特別な遊び道具はありません。

私たちが住んでいるこの多摩丘陵の豊かな自然の中で「自然を感じて」「自然と友だちになって」「自分で考えて」たくさんたくさん遊びます。

 遊びと言っても、ただの遊びではありません。自然の中にあるものを使って工夫して遊ぶことで創造力が芽生え、また友だちとの集団活動の中で人と人、人と自然との関わりを学習することで、自然やいのちの尊さに気づき、思いやりの心が育まれます。

さらに自然の中での遊びは、「やる気」や「記憶力」「コミュニケーション力」「理性」など、いわゆる「人間らしく生きるための能力」を司っている「前頭葉」に刺激を与え、鍛えます。 自然の中で思い切り遊ぶことは、子どもの「生きる力」を育むのです。

 私たちは、子どもを自然に誘う「ナビゲーター」として、ひとりでも多くの子どもたちに、たくさんの遊び場を届けることを目指しています。


私たちがナビゲートします

DSCF0031.JPG

道廣 英彦(みちひろ ひでひこ)
■ メロディアス代表
■(公財)日本レクリエーション協会/レクリエーションコーディネーター ■(一社)日本キャンプ協会/キャンプディレクター1級
■ 蒲田保育専門学校 非常勤講師
1957年東京生まれ。日野市在住。1977年から自然公園のキャンプリーダーとして活動を始め、その後故.小野田寛郎氏とのサバイバルキャンプ「朝日ジャングルキャンプ」 、 7日間の無人島キャンプ「JALひょうたん島王国」、尼子騒兵衛氏との忍者体験「忍たま乱太郎キャンプ」、タカラ「リカちゃんキャンプ」、またアジア圏7カ国の子どもたちとの交流キャンプ「国際わんぱくクラブ」など数々のキャンププログラムのプロデュースを手掛ける。2006年4月にメロディアス開業。現在では地域に軸足を移して、世代を超えたリアルコミュニケーションの促進活動に取り組んでいる。

画像 070.jpg

道廣 加奈江(みちひろ かなえ)
■幼稚園教諭
■保育士
1967年神奈川生まれ。日野市在住。男児3人の母。
「子育てという未知の世界を、自らの手をかけていきたい」という思いから、結婚を機に幼稚園を退職。その後、スイミングクラブのインストラクター、小学校の放 課後遊び教室、託児の保育士、幼児教室の先生を経て、現在幼稚園現場に復職しながら、今なお主婦業と子育てに日々、奮闘している。


【個人情報の取り扱いについて】

本プログラムのお申し込み時に収集した個人情報について、個人情報の漏えい・流出・不正利用がないよう適正な管理を行ない、当団体が主催する事業以外には使用いたしません。なお当団体が主催する講座や催し物等のご案内をお送りする場合があります。不要な方はお申し出ください。

お申し込みは、こちらから

お申し込みいただいた方には後日、Eメールにて「お申し込み関係書類一式」をお送り致しますので、必要事項ご記入の上、ご返送ください。
なお、お申し込みいただいてから3日を過ぎても申込書類が届かない場合には、お手数ですが、information@melodious.jp までお問い合わせください。

必須
必須
必須
必須